CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
PINARELLO / PRINCE carbon
080127_155443.jpg
twitter
Gibson / ES-125 1959
ES125
Fender / Telecaster 1969
telecaster
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

晴れたら自転車、雨ならブルースにしよう

play loud, ride hard, live strong and pray in silence.
いやもう晴れてもブルースな感じではあるけども。
毎週火曜日更新!Tele Tuesday、渡辺こうじのアレやコレ。
<< to Freedom | main | feat. Mr Shun >>
Sidemen

web site開設しました!

渡辺こうじ/Cozy WATANABE 

 

ライブ情報は下記で更新中です、今後ともよろしくお願いいたします!

https://bluecozy.amebaownd.com/pages/1645655/schedule

2/16は中野ブライトブラウンで、岐阜では3/3のSoy Soulsと続きます。

名古屋Otis'は3/30、大阪シカゴロックが4/28、浜松ビスケットタイムは6/15、そしてSoy Soulsの次々回が6/23 マジックアイランドで決まりました!

そして他にもYu-kiちゃんや理恵ちゃんとの、自分が唄わないライブもたくさんありますがどれも自信を持ってお勧めできる素敵ライブです。

____________________________

 

さて、過日東京でのライブの帰りにちょいと寄り道して映画"Sidemen / Long Road to Glory"を観てきました。

I am the Blues, Life in 12 Bars…、このところブルース関連映画も充実してますね。

マディ・ウォーターズ、ハウリン・ウルフといったシカゴブルース界の大御所中の大御所のその名の通りサイドマンとして生涯をブルースに捧げた無名の(?)達人三人のドキュメンタリーです。

有名な大御所ではなく敢えてそのサイドマン達に光を当てた映画、よほどブルースに詳しい人でないと良さが分かりにくいマニアックな映画かも知れないと思ってました。

僕はもちろん三人とも知ってましたし、よほど詳しいって程のものではないにせよそこそこ楽しめるかも知れないし見ておかなきゃって義務感みたいなものもあったので観ましたが、しかし結論から言えばブルース(の歴史とか知識的なこと)なんて全然知らなくても十分良さが伝わるいい映画でした。

I am the Bluesが、リアルブルースはその黎明期の人たちと共に過去のモノになりつつあるという末期的状態の哀しさをつねに孕んでいたのに対しこの映画は過去の偉人に最大限の愛情と敬意を払いながらもブルースという普遍的な人の魂の一部がいまもこれからも生きていくと強く予感させるスタンスだったことにとても嬉しい気持ちになりました。

3月には名古屋でもやるとのこと、また行きます。

 

内容は興味のある人は観れば分かるし、興味のない人は読んでも意味ないのでネタバレは書かずに代わりにちょっと思い出した昔のことを・・・。

2001年、日比谷の野音でのブルースカーニバルにこのサイドマンのひとり、ヒューバート・サムリンが出ていました。

その時のレビューをバンドのHPに載せたのを思い出したので、恥ずかしながら・・・

Bloody Reviews on Blues Carnival 2001

 

18年も前の熱すぎる文章ではあるけど、考え方は大きくは変わってません。

これ読んだらもうここで書くことがなくなっちゃったくらい。

でも今は、相方の言ってることも正しいとも思えます。僕とは違うというだけで誤りではない。

明らかにピークを過ぎた人のパフォーマンスを決して安くないお金と時間をかけて観たがる人がいるのか。

まあいるんだけど、多くはないよね。

 

このヒューバート・サムリン、映画にも出ていたパイントップ・パーキンス、他にもロバート・Jr・ロックウッド、サニーランド・スリム、ジェームズ・コットン、後年のオーティス・ラッシュ(これもレビューがありました)、オスカー・ピーターソンやライ・クーダー・・・そこそこにはピークを過ぎているであろうブルースマン達のライブを観てきました。

 

結局はそこに生き様や魂、愛情といった形の見えないよく分からないけど大事そうなものを感じるかそうでないか、それだけ。

老いぼれたりアル中になったら無価値になるも、最後の呼吸を終えて天に還っても大切な人であり続けるも、その人と聴く人の関係性それだけ。

あのレビューを書いた時から歳だけはとった自分も、遠くない将来「ピークを越えた」ヤツになるのでしょう。

そうなっても何かを伝えられるブルースマンでいられればそんな幸せなことはないな。

 

 

 

●2/16(土)  open 19:00, start 19:30- 

<渡辺こうじmeets T-Slim> 

渡辺こうじ(vo, gt), T-Slim(vo, hp), マサキサカモト(key), じゃいあん(bs), 藤井マサユキ(ds)

Bright Brown (東京都中野区中野5-59-9 湯澤第二ビル2F, tel 080-3024-4685)  2200円

1年で早くも5回目を迎えるこのシリーズ。素晴らしく楽しく自由。

https://www.facebook.com/events/589004248213438/

 

 

以降、来月分をざっと紹介しておきます。

________________________________________

●3/3(日) open 18:30, start 19:00- 

<Soy Souls>

渡辺こうじ(vo, gt)、たおりあきふみ(gt)、おんだま(bs, hp)、仁田豊生(org)、鈴木学(ds)

KJ's at CROSSROADS (岐阜市金園町1丁目8MAZALビル1F tel 090-5004-5125) 1500円

先々月20周年を迎えたSoy Soulsのいつものライブ、と思いきや今度は某メンバーの誕生日、しかも還暦です。

感激するほかありません。

________________________________________

●3/16(土) open 18:30, start 19:30-

<Yu-ki and the Mules>

Yu-ki(vo, gt)、渡辺こうじ(gt)、高田敏実(bs)、鈴木学(ds)

Pannonica(岐阜市神田町5-17杉山ビルB1 tel 058-214-8623) 2000円

控えめに言っても超期待の新ユニット。ジャンルは何かと問われましたがどれでもなくどれでもあります。

枠にとらわれようもない、ただただ心地よく切なく暖かいサウンドを目指して鋭意準備中です。

________________________________________

●3/21(木・祝) open 13:00, start 14:00-

<Rie & Cozy>

藤田理恵(vo), 渡辺こうじ(gt) 

jazz GHOST V. (岐阜市長住町2-10-19 tel 080-4545-4823) 入場無料、投げ銭

春秋を分ける日にはいつも邂逅する二人の大好評ライブ、深く楽しくブルースを語り唄います。

________________________________________

●3/30(土) open 19:00, start 20:00-

<渡辺こうじ & Friends> 

渡辺こうじ(vo, gt)、森正雄(bs)、鈴木学(ds)  

Otis (名古屋市中区新栄2-1-4 松栄ビルB1 tel 052-262-5038) 1000円 

究極にシンプル、究極に濃厚なブルースナイトに胃もたれ注意(笑)!

| 音楽 | 00:00 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
ブログが読みやすくなりましたね(^^)
| マルチーズ | 2019/02/13 10:53 AM |
マルチーズさんありがとう(^^)/
スマホからの人にも読みやすく、さり気にバージョンアップです!
これからも頑張って毎週火曜日発行続けるのでまた読んで下さい(^_-)
| こうじ | 2019/02/13 6:19 PM |









http://bluecozy.jugem.jp/trackback/424