CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
PINARELLO / PRINCE carbon
080127_155443.jpg
twitter
Gibson / ES-125 1959
ES125
Fender / Telecaster 1969
telecaster
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

晴れたら自転車、雨ならブルースにしよう

play loud, ride hard, live strong and pray in silence.
いやもう晴れてもブルースな感じではあるけども。
毎週火曜日更新!Tele Tuesday、渡辺こうじのアレやコレ。
11/25 リバーサイド平田クリテリウム
久しぶりに参加できました、クリテリウム。
別段避けてたわけではないのですが夏の鈴鹿以来、集団レースから遠ざかっていたのでどんな具合に走れるか心配でしたが何とか集団について回ることはできました。
同乗の廣瀬さんのアタックに反応して一緒に逃げたりもできたらなお面白かったのだろうけど、そこまではまだまだでした。
いつになく頑張ったマボちゃんはじめ直輝さん、川村くんも調子よく終われてまずまず!


| 自転車 | 23:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
11/17 トロッフェ・バラッキ鈴鹿エンデューロ

今年もトロッフェ・バラッキには大橋くんと出場しました。
昨年同様、9月に入るや大橋くんとの練習はこれ一本に特化して毎週毎週およそ50kmを淡々と黙々と引き回される、それはキツイものでした。



水曜の夕方、日が傾く頃にかけてただただ走ります。
こんな部活な光景、一緒に少しずつ積み上げてゆく日々の過程がとても貴重なものに思えます。


当日はあいにくの雨、寒い寒い天気の冷たい雨でしたがフットワークからは4組8名が参加。
課せられた最大のミッション、「国内最終レースとなる道山さんをラップして追い抜きざまにやさしく激励する」はクリアできてまずまず満足。



TTバイクは持ってないとはいえエアロヘルメット、ワンピース、DHバーなど全くノーマル仕様だった去年とは空力装備に大幅なてこ入れをしての参戦です。
しかし塗ったウォームアップオイル以外は真夏と同じ装備。待機中は鳥肌ものでした。



が、走り始めてからも極寒は変わらず。
きついレースは今までにもたくさん、というか楽なレースなんてありません。
でも寒さにおいて、数年の自転車生活の中で文句なく最高の寒さでした。
結果は奮いませんでしたが重ねた練習の日々を含めて、いいレースだったと思います。

| 自転車 | 17:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
10/20, 21 Japan Cup 宇都宮

国内で見られる唯一のUCIトップカテゴリーのプロ自転車レースです。
昨年行ってとても楽しかったので、今年も餃子の街に行ってきました。
これでモチベーションもぐっと上げて、餃子で体重もぐっと・・・。


ペテル・サガン。夜にはホテルでぶらぶらしており、撮影やサインも気さくに応じてました。


逃げに乗る宮澤さん。


最終ラップ、ゴール前150m。二番手マリチャ(サクソバンク)が確信を持ったロング・スプリントに入りそのまま勝利。
左端に全く同じ態勢に入ったフミ君、その後ろに嗅覚抜群のマキュアンが見える。


サガンは進路を閉ざされた形。フミ君とそれに続くマキュアンが右端。このあとものすごい伸びを見せるもマリチャに及ばず。マキュアンはフミ君を差しきれず3位。


マキュアン41歳。頭突きを食らわし突進するような獣には見えなかったけど上手さはすごい。
なんとこれ↓、マキュアンの車載カメラでこのレースが全部撮られています。
http://www.youtube.com/watch?v=Z2e3Kyw4z30&feature=results_video


チームプレゼンテーション、リクイガス。


昨年に続き山岳賞を狙うブリッツェンの初山。惜しくも逃したけど頑張りはピカイチ、今後も楽しみです。


もはやスーパースター、サガン。今日はお仕事(アシスト)でした。



古賀志林道頂上、山岳賞ポイント。ものすごい人でした。


毎年遊びに来る謎のハーモニカ男、福島康司。ランカウィでの100km超の単独逃げ切りは忘れないぜ。なんたって名前がいいわな。


Jelly Bellyは面白いチーム。キャンディをばら撒きハフさんは観客の写メ撮りながら・・・。

| 自転車 | 23:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
シマノ鈴鹿ロードレース
2012/8/25, 26 シマノ鈴鹿ロードレース


自転車2年生の2006から欠かさず出ているこのレースはフットワークRCの年中行事。
大集団の中にキレもコケもせず生き残ればとりあえずはOKなのですが、高速の集団走行は少し怖く、しかし他では味わえないアドレナリンをぴゅーぴゅー感じる面白さです。


一日目、1レース目。めずらしく大勢の仲間と一緒にスタートすることができました。
となりの道山親分は今年を最後に海外移住が決まっており、これに一緒できるのも最後です。

ばっちりアシストするから最後まで一緒に行きましょう!と、実際にやんわりながらトレインができています。が、2週目は親分に励まされながらの同伴ゴールでした。
それにしても、始めた時からずっと時にうるさく、時にやかましくあれこれ説教してくれた親分がいなくなるのは少しさびしいです。
清々すらぁ、なんて言ってません。

1日目、午後にはチーム・タイムトライアル。
エアロヘルメットは間に合いませんでしたがこの状態にヘルメットカバーとシューズカバーを装着して臨みました。
結果、予想通り主に14くんに引きずり回されましたがチームの一体感もしっかり感じて楽しかったです。

エアロポジションで張り切った・・・つもりですが客観的に見てみるとまだまだフォームが残念。

疲労困憊ながらまだアドレナリン出ています。

楽しい宴会から一夜明けて二日目、まだピリピリした集団内です。

全て終わって放心中・・・。
やはり課題はインターバルと走り込み(全部?)。
でもやっぱりロードレースは楽しいね。
来年はもう少しこういうのも出たいな、と密かに思っています。
| 自転車 | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
7/29 FWチーム練習
ツアーと天候不順で久しぶりの参加になりました。
今回は春日井組や親分、東京からUSK(!)など久しぶりの参加や初参加のトライアスリート若園さんなども集まり最大総勢13人という大所帯です。

いつもの根尾〜淡墨桜〜谷汲で85辧△澆鵑紛いし随所で仕掛けられるのでやはり単独ではかからない領域に踏み込めますね。
大勢で走るのはそれ自体、単純に楽しいし。

DSC_0900.jpg

DSC_0901.jpg
メカトラで足止め。クリークの上の冷気ポイントに集まり休憩^^
DSC_0902.jpg
練習後はitoちゃんのガイドで裏町のスクリーミン氷屋さん。んまかった!
| 自転車 | 23:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
7/8 乗鞍スカイライン、サイクルヒルクライム
2006年から、大雨で道路が閉鎖された一昨年を除いて毎年走っています。
続けて出ているとその時その時の体調やモチベーションなどが記録に反映されてなかなか面白いですね。

さて、今年は・・・
乗れている年に比べると結局片知渓谷は行けなかったし二ノ瀬参りも少ない方、決して十分な練習量とは言えないものの梅雨の間も比較的天気には恵まれたので通勤絡みでコンスタントには乗れていた感じがします。
要するに、まあ普通くらいか。だったのですが別の事情での多忙さから疲れが出たのか直前になりミョーな不整脈が出始めていやな感じでもありました。

前泊していつものお豆腐民宿での豆腐三昧を楽しんで、しっかり降る雨を眺めて翌日は中止かな、なんて話しながら久しぶりに早い時刻の就寝。

翌朝、雨はほとんどやんでおり本レーススタート。
最近のヒルクライムでは序盤に頑張り過ぎて後半もたなくなることがしばしばだったので適度なペースでスタートしました。
んが、夫婦松のあたり(全体の1/4くらい?)でまた妙な不整脈が出た。ような気がしました。正確にはどうだったのかは確かめようもありませんがそんな感じがしてしまったのです。
気づかなかったことにしてそのまま頑張るか、そこで棄権して下山するか、色々考えてしまった時点でもう頭は競技から下りてしまってますね。

そんな雑念を巡らせながら走っていると心拍数は170→140と下がりもう競技モードには戻れない状態になってしまいました・・・。
そして後ろからやってくるK先生を待ち、何かあったら直ちに心臓マッサージをよろしく!と頼んであとは彼のペースで登らせてもらったのです。

僕を山頂まで連れてってくれた大先生と、楽しくサイクリングになりました。
頑張ってた皆、ごめんね^^;

フットワークRC、山岳部。

今季好調のitoちゃん、約束通り表彰台でギャルピース^^v

| 自転車 | 22:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
6/10 チーム練習、途中合流
夜勤明けで練習終盤に合流したのですが、なんとチームメイト全員がそこからの80kmに付き合ってくれました。
山本商店の田舎豆腐からし入りを食らって美山へ抜ける峠三昧の暑い一日。

| 自転車 | 23:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
5/27 フットワーク練習会
血の気の多い重戦車と隊長が峠を越えて離脱してからは絶好調クライマーitoちゃん、対抗馬イヌハシくんと入部おめでとうの原瀬さん。
公約通りのんびりと天気と緑、尽きない話を楽しみました^^ 今日は常識的な80km。

しかし、山本商店で僕らがコテコテのハイカロリーアイスなど食らっているところでも、クライマーは選択が違います。勉強になるけど真似できない。

時折お互いのフォームチェックなどしながら、だいたいは無関係な雑談などしながら。
登りにさしかかるとそれなりに頑張りながら。

| 自転車 | 23:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
5/26 さらば野人ヨシヒコ 鞍掛峠ride
加藤ヨシヒコくんが転勤するってんで送別ライドでした。
二ノ瀬〜鞍掛峠〜彦根〜米原〜関ヶ原。150km走ったのは実は久しぶり。

しかも最後の40kmほどは時間の都合で離脱してかなり急いだのでガタガタになりましたわ。しかし付き合ってくれた電動重戦車がぐいぐい牽いてくれたので助かりました。

天気も良く気持ち良かった〜。


| 自転車 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
伊吹山ヒルクライム

今年初のヒルクライムレースはやっぱり目標体重からは4kgオーバーのまま突入。
って目標設定自体に無理があるのか・・・。

チームエントリーだったのでスタートはフットワークRC9名と大垣ピストンズの面々、
誰が言ったか自称「岐阜県脇役連合」での待ち時間が楽しかったです。
概ね皆の脚力が分かっているので調子に乗って着いて行ってはいけない人が
分かっていたのもちょっと有利だったかも。

結果は一昨年より4分後退の46分。
決して喜べるタイムではないけど、骨折明けの去年のように心折れまくったり
抜かれてあっさり諦めたりということはなくなったのは大きな収穫でした。
少しまた競技してるんだというメンタルが戻りつつあるような気がします。
しっかり最後の最後まで苦しめた(笑)。煽ってくれた廣瀬さんにも感謝ですね。

エースチームは体調不良やまさかのメカトラで狙った表彰台は獲れず。
午後の個人の部での国語の苦手な優勝候補、自称「新しい新星(←これが言いたかった)」
タクマも残念。(それでも3人とも全然速いんですけどね)

ともあれ、何となく去年とは違った気持ち、現場に帰ってきたような心持ちに
なれたのがいいレースでした。
もちろん自分なりの結果もこの先の御岳、乗鞍で出せるようにしていかないとな。

写真はこちら↓
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.333160350072137.85820.100001345256148&type=1&l=c6ddc596f3

| 自転車 | 17:20 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |