CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
PINARELLO / PRINCE carbon
080127_155443.jpg
twitter
Gibson / ES-125 1959
ES125
Fender / Telecaster 1969
telecaster
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

晴れたら自転車、雨ならブルースにしよう

play loud, ride hard, live strong and pray in silence.
like Duane, sometimes

web site開設しました!

渡辺こうじ/Cozy WATANABE 

 

ライブ情報は下記で更新中です、今後ともよろしくお願いいたします!

https://bluecozy.amebaownd.com/pages/1645655/schedule

 

9/14(金) <ゆみこーじえらぶ> 大石有美(pf), 渡辺こうじ(vo, gt), 撰和彦(gt)

bar Workin'(岐阜市東金宝町1丁目18 アベニュービルB1)  でした!

 

前回はライブイベントに40分だけの参加でしたがこのトリオで今回はがっつり2ステってことでブルースを何曲か入れさせてもらって少し味付けの濃いいのをお送りしました。

クラシックベースの技術にラテンやミュージカル的構成力で表現豊かなピアニスト有美ちゃん、正真正銘、日本でも代表的なジェフ・ベックフォロワーで知られる凄腕ギタリスト撰さんのグループに産休だったバイオリニストえみさんの代役(?)としていれてもらったバンドです。

 

2人のオリジナルはムーディだったりスリリングだったり、ほかにAllman BrothersのJessicaやもちろんJeff BeckからはScatterbrain、こてこてアレンジのビートルズ、そしてブルースや僕の持っている歌ものなど縦横無尽緩急自在に遊ばせてもらいました。

普段滅多にやらない音符を追ってちゃんとメロディを弾くとかギターのハモリをきっちり仕上げるとか、ちゃんとできたかどうかは別にしてもとてもいい勉強もさせてもらっています。

次回11月のCROSSROADSでTimothy Reidくんとのイベントではバイオリンのえみさんが復帰、俺はもういらんかな〜と思ってたらプロデューサーゆみちゃんの頭の中にはもうちゃんと4人での演奏で構想が出来ているとのこと・・・まじか、てことで次回もお楽しみに!

 


 

9月後半も楽しみなライブが続きます!

________________________________________

●9/22(土) start 19:00- 

<Relax>

 渡辺敦(sax)、渡辺こうじ(gt)、江崎僚(bs)

LOHAS cafe (名古屋市千種区今池5丁目35-11 ノーブルハウス吉田 tel 052-733-1684) 投げ銭

 

15年ほど前に3人の渡辺が集まってシンプルでリラックスぅなジャズバンドやってみようと始めた渡辺屋がその起源。

最近ではジャズ・ファンクでの共演が多かった敦君ですが今回は気持ちよく暖かなベースでボトムを支えてくれる僚君と一緒に久しぶりにゆったりまったりとひたすら心地よいサウンドでお届けできると思います。

食事も美味なお店でまさにロハスな時間を過ごしてみませんか⁉

 

________________________________________

●9/23(日・祝) open 18:00, start 19:00- 

 藤田理恵(vo), 渡辺こうじ(gt)  

jazz GHOST V. (岐阜市長住町2-10-19 tel 080-4545-4823) 1800円 

 

●9/29(土) open 18:30, start 19:00- 

 <Rosebud RIE and Friends>

 藤田理恵(vo)、渡辺こうじ(gt)、仁田豊生(org)、落合優臣(bs)、鈴木学(ds) 

 OA : Bambi Sakaborn & Big Shot Jr (Bambi Sakaborn, WANI, JJ)

 Live House CASPER (岐阜市雪見町2丁目44 tel 058-247-2550) 2000円

 

・・・『ブルースの女帝、岐阜秋の陣』

精力的に日本全国をその歌とパワーで蹂躙する説明不要のブルースキング、あ、クイーン。

2014年の浜松ブルースフェスティバルでの縁でここ数年は春分・秋分に二人で、そして続いてバンドでお届けするスタイルです。

デュオではブルース以外にも二人を育てたルーツミュージックを交えて自由に大らかに、バンドでは素晴らしいメンバーと共にガツンとパワフルに、どちらも間違いなくお勧めできます。両方観たら3倍楽しい!

ココ・テイラー直系の深いブルースを全身で浴びてみてくださいね。

 

________________________________________

 

お・ま・け

●9/28(金) open 19:00頃、start 19:30頃

<pre-open special session event at "KJ's at CROSSROADS produced by KJ's">

KJ's at CROSSROADS  岐阜市金園町1丁目8MAZALビル1F tel 090-5004-5125

 

岐阜のラストサムライJohn Tantonが帰ってきます。

惜しまれつつ7月に二度目の閉店を余儀なくされたKJ'sですが、まずはライブ開催日限定で金園町CROSSROADSをお借りしてのブルース・バー営業が決まりました!

12/21(金)には菊田俊介氏とのライブも決定!

年明けからは定期的なCozy's Blues Clinicやブルースセッションも鋭意調整中!

まずはこの日、気楽なオープンセッションなのでミュージシャンも飲む人もどちらでもない人も気軽に遊びに来て新たな門出を祝いましょう。

 

***************************************

あ、これも書かない訳にはいきますまい。来月ですがようやく登場のSoy Souls、恒例の東京ツアーでございます。

●10/6(土) open 18:30, start 19:30

<Soy Souls>

渡辺こうじ(vo, gt)、たおりあきふみ(gt)、おんだま(bs, hp)、仁田豊生(org)、鈴木学(ds)

Jirokichi (杉並区 高円寺北2丁目3-4 高円寺ビルB1  tel 03-3339-2727) 2700円

| 音楽 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Yu-ki and Cozy at Adapter

web site開設しました!

渡辺こうじ/Cozy WATANABE 

 

ライブ情報は下記で更新中です、今後ともよろしくお願いいたします!

https://bluecozy.amebaownd.com/pages/1645655/schedule

 

9/8(土)  <Yu-ki and 渡辺こうじ> at Adapter(岐阜市)

でした。楽しかったです。

先週書いたようにYu-kiちゃんのオリジナルとカバーが半々くらいと僕のブルースを少し足した構成。

それほど多くの曲を入れ替えたわけではないのにどこか楽しげだったりパワフルだったりする感じの部分が多くなったように思います。そしてギターもどんどん頼もしくなってきました、新しい古いギターのお陰もあるのかな?。

お陰でかなり自由に思い付きで弾かせてもらってます、これとても楽しく気持ちよく、ついやりすぎますが(笑)。

 

弾き語りや少人数編成で特にオリジナル曲を多く持ってたりするライブって全編似たような雰囲気になりがっつりたっぷり2ステージ向き合って聴くのっていくら好きな音楽でも結構しんどい事もあるような気がします。やってる方は気持ち良くてもね。

でもこのデュオ、わりとそんなこともなく緩急硬軟悲喜こもごもがイイ感じに混ざり合ってむしろ30分とかでは物足りないんじゃないかと自画自賛してライブレポといたします。次回このモノドモでは11/10、ワーキンです!

 

 

 

今月、残りも盛りだくさんに色々なミュージシャンと色々な形でのライブご案内も再掲しておきます。

________________________________________

●9/14(金) open19:00, start 20:00-

<ゆみこーじえらぶ> 

大石有美(pf), 渡辺こうじ(vo, gt), 撰和彦(gt)

bar Workin'(岐阜市東金宝町1丁目18 アベニュービルB1)     2000円(w/ 1 drink)

 

前回はライブイベントに40分だけの参加でしたがこのトリオで今回はがっつり2ステやります。

クラシックベースの技術にラテンやミュージカル的構成力で表現豊かなピアニスト有美ちゃんを中心に、こてこてのジェフ・ベックフォロワーでも知られる凄腕ギタリスト撰さんのグループになぜか入れてもらって音楽性の全く異なる3人がオモロイ事やるバンドです。それぞれの良さが活かせるか殺してしまうか、それがカギですね。

昔の動画によくあるジェフ・ベックと共演するアルバート・コリンズみたいな何も考えてない風な気楽な気分で始めましたがとんでもない(^^;)、珍しく音符だらけの譜面を練習したりもしています、是非応援に来て欲しい(笑)!

オールマンやジェフ・ベック、2人のオリジナル(これがまた良い)に加えて僕の持ち曲からブルースやトム・ウェイツなどなど飽きのこないライブになりますよ。

________________________________________

●9/22(土) start 19:00- 

<Relax>

 渡辺敦(sax)、渡辺こうじ(gt)、江崎僚(bs)

LOHAS cafe (名古屋市千種区今池5丁目35-11 ノーブルハウス吉田 tel 052-733-1684) 投げ銭

 

15年ほど前に3人の渡辺が集まってシンプルでリラックスぅなジャズバンドやってみようと始めた渡辺屋がその起源。

最近ではジャズ・ファンクでの共演が多かった敦君ですが今回は気持ちよく暖かなベースでボトムを支えてくれる僚君と一緒に久しぶりにゆったりまったりとひたすら心地よいサウンドでお届けできると思います。

食事も美味なお店でまさにロハスな時間を過ごしてみませんか⁉

 

________________________________________

●9/23(日・祝) open 18:00, start 19:00- 

 藤田理恵(vo), 渡辺こうじ(gt)  

jazz GHOST V. (岐阜市長住町2-10-19 tel 080-4545-4823) 1800円 

 

●9/29(土) open 18:30, start 19:00- 

 <Rosebud RIE and Friends>

 藤田理恵(vo)、渡辺こうじ(gt)、仁田豊生(org)、落合優臣(bs)、鈴木学(ds) 

 OA : Bambi Sakaborn & Big Shot Jr (Bambi Sakaborn, WANI, JJ)

 Live House CASPER (岐阜市雪見町2丁目44 tel 058-247-2550) 2000円

 

・・・『ブルースの女帝、岐阜秋の陣』

精力的に日本全国をその歌とパワーで蹂躙する説明不要のブルースキング、あ、クイーン。

2014年の浜松ブルースフェスティバルでの縁でここ数年は春分・秋分に二人で、そして続いてバンドでお届けするスタイルです。

デュオではブルース以外にも二人を育てたルーツミュージックを交えて自由に大らかに、バンドでは素晴らしいメンバーと共にガツンとパワフルに、どちらも間違いなくお勧めできます。両方観たら3倍楽しい!

ココ・テイラー直系の深いブルースを全身で浴びてみてくださいね。

 

________________________________________

 

お・ま・け

●9/28(金) open 19:00頃、start 19:30頃

<pre-open special session event at "CROSSROADS produced by KJ's">

CROSSROADS  岐阜市金園町1丁目8MAZALビル1F tel 090-5004-5125

 

岐阜のラストサムライJohn Tantonが帰ってきます。

惜しまれつつ7月に二度目の閉店を余儀なくされたKJ'sですが、まずはライブ開催日限定で金園町CROSSROADSをお借りしてのブルース・バー営業が決まりました!

12/21(金)には菊田俊介氏とのライブも決定!

年明けからは定期的なCozy's Blues Clinicやブルースセッションも鋭意調整中!

まずはこの日、気楽なオープンセッションなのでミュージシャンも飲む人もどちらでもない人も気軽に遊びに来て新たな門出を祝いましょう。

 

***************************************

あ、これも書かない訳にはいきますまい。来月ですがようやく登場のSoy Souls、恒例の東京ツアーでございます。

●10/6(土) open 18:30, start 19:30

<Soy Souls>

渡辺こうじ(vo, gt)、たおりあきふみ(gt)、おんだま(bs, hp)、仁田豊生(org)、鈴木学(ds)

Jirokichi (杉並区 高円寺北2丁目3-4 高円寺ビルB1  tel 03-3339-2727) 2700円

| 音楽 | 00:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Live in September

web site開設しました!

渡辺こうじ/Cozy WATANABE 

 

ライブ情報は下記で更新中です、今後ともよろしくお願いいたします!

https://bluecozy.amebaownd.com/pages/1645655/schedule

 

自転車レースがあったり夏休みがあったり、気付けば一本しかなかった8月が終わり今月からいつものペースに戻っています。

毎年ここから年末までの3か月は本当に早く感じますよね。僕だけですか?
今月はリーダーライブはゼロ、代わりにかなり盛りだくさんに色々なミュージシャンと色々な形でライブがあります。
ざっと紹介するので是非ともお好みに合わせて遊びに来てくださいね。

●9/8(土) open18:00, start 19:00-

<Yu-ki and 渡辺こうじ>

Yu-ki(vo, gt)、渡辺こうじ(vo, gt)

Adapter(岐阜市清住町1-10 オオノビル2F tel 050-6867-6686)     1500円

 

デュオの中ではこの頃最も露出の多いセットです。

Yu-kiちゃんのオリジナルとカバーが半々くらいと僕のブルースを少し足した構成で、彼女の曲はどれもコード進行など楽曲の仕組みとしては普通のポピュラー音楽(っていうの?)なのに何故かどこかとてもブルージーなのです。

弾き語りオンナの子というと一般的には多分かわいらしかったりフワッといい匂いがしたりする陽だまりの音楽的なイメージだったりしませんか?それはそれで素敵なのですが、この人は全く違う(あいや素敵だしいい匂いもしそうですよ)。

形式もテクニックも楽曲もちゃんとブルースやってるのにちっともブルースじゃない人も少なくないけど、この人は全然ブルース、天然ブルース。そういえばブルースってなんだっけな。ま、いっか。

2本のギターでちゃんと取り組むユニットも久しぶりで、まだまだ無限の可能性があると思います。

そして回を追うごとに深みや凄みが増しています、ゆったり気持ちよく聴けるアダプターで是非!

 

________________________________________

●9/14(金) open19:00, start 20:00-

<ゆみこーじえらぶ> 

大石有美(pf), 渡辺こうじ(vo, gt), 撰和彦(gt)

bar Workin'(岐阜市東金宝町1丁目18 アベニュービルB1)     2000円(w/ 1 drink)

 

前回はライブイベントに40分だけの参加でしたがこのトリオで今回はがっつり2ステやります。

クラシックベースの技術にラテンやミュージカル的構成力で表現豊かなピアニスト有美ちゃんを中心に、こてこてのジェフ・ベックフォロワーでも知られる凄腕ギタリスト撰さんのグループになぜか入れてもらって音楽性の全く異なる3人がオモロイ事やるバンドです。それぞれの良さが活かせるか殺してしまうか、それがカギですね。

昔の動画によくあるジェフ・ベックと共演するアルバート・コリンズみたいな何も考えてない風な気楽な気分で始めましたがとんでもない(^^;)、珍しく音符だらけの譜面を練習したりもしています、是非応援に来て欲しい(笑)!

オールマンやジェフ・ベック、2人のオリジナル(これがまた良い)に加えて僕の持ち曲からブルースやトム・ウェイツなどなど飽きのこないライブになりますよ。

________________________________________

●9/22(土) start 19:00- 

<Relax>

 渡辺敦(sax)、渡辺こうじ(gt)、江崎僚(bs)

LOHAS cafe (名古屋市千種区今池5丁目35-11 ノーブルハウス吉田 tel 052-733-1684) 投げ銭

 

15年ほど前に3人の渡辺が集まってシンプルでリラックスぅなジャズバンドやってみようと始めた渡辺屋がその起源。

最近ではジャズ・ファンクでの共演が多かった敦君ですが今回は気持ちよく暖かなベースでボトムを支えてくれる僚君と一緒に久しぶりにゆったりまったりとひたすら心地よいサウンドでお届けできると思います。

食事も美味なお店でまさにロハスな時間を過ごしてみませんか⁉

 

________________________________________

●9/23(日・祝) open 18:00, start 19:00- 

 藤田理恵(vo), 渡辺こうじ(gt)  

jazz GHOST V. (岐阜市長住町2-10-19 tel 080-4545-4823) 1800円 

 

●9/29(土) open 18:30, start 19:00- 

 <Rosebud RIE and Friends>

 藤田理恵(vo)、渡辺こうじ(gt)、仁田豊生(org)、落合優臣(bs)、鈴木学(ds) 

 OA : Bambi Sakaborn & Big Shot Jr (Bambi Sakaborn, WANI, JJ)

 Live House CASPER (岐阜市雪見町2丁目44 tel 058-247-2550) 2000円

 

・・・『ブルースの女帝、岐阜秋の陣』

精力的に日本全国をその歌とパワーで蹂躙する説明不要のブルースキング、あ、クイーン。

2014年の浜松ブルースフェスティバルでの縁でここ数年は春分・秋分に二人で、そして続いてバンドでお届けするスタイルです。

デュオではブルース以外にも二人を育てたルーツミュージックを交えて自由に大らかに、バンドでは素晴らしいメンバーと共にガツンとパワフルに、どちらも間違いなくお勧めできます。両方観たら3倍楽しい!

ココ・テイラー直系の深いブルースを全身で浴びてみてくださいね。

 

________________________________________

 

お・ま・け

●9/28(金) open 19:00頃、start 19:30頃

<pre-open special session event at "CROSSROADS produced by KJ's">

CROSSROADS  岐阜市金園町1丁目8MAZALビル1F tel 090-5004-5125

 

岐阜のラストサムライJohn Tantonが帰ってきます。

惜しまれつつ7月に二度目の閉店を余儀なくされたKJ'sですが、まずはライブ開催日限定で金園町CROSSROADSをお借りしてのブルース・バー営業が決まりました!

12/21(金)には菊田俊介氏とのライブも決定!

年明けからは定期的なCozy's Blues Clinicやブルースセッションも鋭意調整中!

まずはこの日、気楽なオープンセッションなのでミュージシャンも飲む人もどちらでもない人も気軽に遊びに来て新たな門出を祝いましょう。

 

あ、これも書かない訳にはいきますまい。来月ですがようやく登場のSoy Souls、恒例の東京ツアーでございます。

●10/6(土) open 18:30, start 19:30

<Soy Souls>

渡辺こうじ(vo, gt)、たおりあきふみ(gt)、おんだま(bs, hp)、仁田豊生(org)、鈴木学(ds)

Jirokichi (杉並区 高円寺北2丁目3-4 高円寺ビルB1  tel 03-3339-2727) 2700円

| 音楽 | 11:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Blues Session

web site開設しました!

渡辺こうじ/Cozy WATANABE 

 

ライブ情報は下記で更新中です、今後ともよろしくお願いいたします!

https://bluecozy.amebaownd.com/pages/1645655/schedule

 

先週末は夏の終わりの恒例、シマノ鈴鹿ロードレースに参加してきました。

久しぶりに頑張ったり、チームメイトと馬鹿話したりと楽しかったのですがあの程度の出来で楽しめてしまうことはある意味あまりよくない事か・・・、いずれにせよ記事にして公開するほど競技として濃厚な内容ではないので失礼をば。

あでも競技からの引退はまだですよ、ひっそりぼちぼち頑張って小さくてももうひと花咲かせてみたいものです。

 

さて、今月はアコギブルース弾き語りライブが一本だけで人前でエレキを弾く機会がなかったので久しぶりに新栄Otis'のセッションに参加してきました。

いつも名古屋圏でのライブで一緒してくれる森正雄さん達お世話になっているたくさんの馴染みのメンバー、一緒に音を出すのはとても久しぶりな旧友・盟友マドモアゼル山本さん達大勢の個性あふれる面々で演っても見ても楽しいセッションになりました。

また20代の若者たちもブルースに関心をもってたくさん来ていて、しかもそれぞれに個性も技術もあってとても嬉しく心強い気持ちにもなった夜でした。

 

まだだけの話ですが・・・、岐阜でも細々でも定期的なブルースセッションの場を、そしてブルースをメインで扱うお店を、と水面下で調整中です。

良い報告ができますように!
来週はブログお休みしますm(__)m
| 音楽 | 23:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Come on in my kitchen, solo at Workin'

web site開設しました!

渡辺こうじ/Cozy WATANABE 

 

ライブ情報は下記で更新中です、今後ともよろしくお願いいたします!

https://bluecozy.amebaownd.com/pages/1645655/schedule

 

8/11(土) <渡辺こうじ solo>老ギブソンの泪

at laid back bar Workin'(岐阜市東金宝町1丁目18 アベニュービルB1) 

 

恥ずかしいので年一回か二回、ごく稀にしかやらない完全ソロライブでした。

貴重な盆休みの初日にもかかわらず今回も大勢のお客様に来ていただき大感謝です。

今回は調整の仕上がったGibson L-1 1914、ピックアップを使わず完全生音でのギターを最大限楽しんで貰いたいというのがひとつのテーマでしたがどうだったかな。

弦高も高めにしてなんといってもスライドの合うギターなので必然的にいつもに増してこってりと古いブルースをお届けしましたよ。

 

渋めにしっとり、じっくりと。

のつもりでしたが・・・

 

Come on in my Kitchen、となればやっぱこうなりますよね。

 

その昔、スライドと言えばもちろんボトルネックが主流でしたがこうしてナイフで弾くスタイルもあったんです。ほんと。

とてつもなく速いビブラートがかかって攻撃的、Hop Wilsonなんかを思い出しながらやってました。

 

無限の自由度ゆえ、思い付きで足したり引いたりリクエストにお応えしたりしながら楽しくやらせていただきました。

需要があればまた、ふらりとやってみたいと思います。

 

=1st=

Sweet Home Chicago

Kindherted Woman Blues

Stormy Monday

Bell Bottom Blues

Come on in my Kitchen

Crossroads Blues

Key to the Highway

Blowin' in the Wind

Hallelujah

 

=2nd=

Feelin' Bad Blues

Sky in Crying

Dust My Bloom

Shake Your Moneymaker

Jersey Girl

Ryland - Time

Grapefruit Moon 

Hoochie Coochie Man

Mojo Workin'

 

=enc=

Blackbird

What a Wonderful World

 

 

| 音楽 | 02:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Am I the blues ?

web site開設しました!

渡辺こうじ/Cozy WATANABE 

 

ライブ情報は下記で更新中です、今後ともよろしくお願いいたします!

https://bluecozy.amebaownd.com/pages/1645655/schedule

 

 

映画" I am the Blues"を観たり、ブルースってなんだみたいなことを人と話したり。

「ブルースは笑顔で歌わなければならない」とか逆に悲しい顔で歌うものだとか言うひともいると聞いて驚いてみたり。

 

なんだっていいんじゃないかな、感情や魂にルールなんてないんだしウソのない音が心に響くのだとしたら。

じゃウソのない音ってなんだ?

きっとそんなこと誰にも分からないけど、考えてたら昔HPに書いたコラムを思い出したので一部改編してリバイバル。

 

『ブルースの歌詞には確かに女々しい曲が多い。
でも決して悲しい、つらい、って泣くばかりの曲ではないのだ。
ブルースの源流は、奴隷時代の名残で綿花畑に朝から晩まで働く黒人達のワークソングだったという。"朝から晩まで、身を粉にして働けど我が暮らし楽にならず。だけど楽しくやっていこうや"と、逆境にも負けずに強く図太く生きて行こうって意気込みがこもっていた。しかし今の時代、当時の彼らほどタフな生活をしている奴はそういないだろう。

そうでなきゃブルースが唄えないのならB.B.KingもBuddy Guyもとうにその資格を失ってるよね。


そういう僕らにとって一番分かりやすい逆境とは、例えばやはり別離、なんじゃないか。朝起きたら彼女がいなくなってた、大好きだった彼女が知らないうちに引越してどこにいるかも分からない、俺が愛するあの娘はいつも他の男と…、或いは愛する人との死別・・・。などなどこれ、言葉にしてみればそうでもなさそうだが実体験してみればかなりの強烈的喪失体験。誰もが一度や二度は経験する、金持ちだろうと貧乏だろうと万人が共有し得る魂の揺さぶりなのだ。神様、あの娘を返して、と泣きながら本気で祈ったことがあるかい?こういうことになってしまえば、やはり(形式の意味でなくその精神としての)ブルースを歌うしかなくなる。きれいな言葉と技巧で飾られた曲ではなく、ガツンと生々しく血や涙の匂いがするブルースなのだ。よく昔のカントリーブルースを表現するとき泥臭い、土臭い、という。ならばブルース全体を概念化すると、いろいろひっくるめて"体液臭い"というのが適当だ。

だけど、よくよく感じてみよう。彼らは決して俺はこんなにかわいそうだ、同情してくれ、と歌っているのではない。不遇の奴隷時代から綿々と伝わってきたのは愚痴っぽい弱さではなく、痛みにしびれる繊細さとそれを笑って跳ね返す強さなのだ。

ブルースはネガティブな音楽ではない。ネガティブな感情をホットな情熱に変える音楽なのだ。』(2001.3.7)

 

ってね。今週末はそんな源流に少しだけ触れてみましょうか。

泣くか笑うか、どんな顔してやるかは分かりませんが「お客さんいなくて困ったな」って顔じゃないことだけ祈っておきます(笑)。

 

●8/11(土) open19:00, start 20:00-

<渡辺こうじ solo>  ・・・老ギブソンの泪

渡辺こうじ(vo, gt)

bar Workin'(岐阜市東金宝町1丁目18 アベニュービルB1)     1000円

 

 

| 音楽 | 01:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Yuki & Cozy, Miyolibres

web site開設しました!

渡辺こうじ/Cozy WATANABE 

 

ライブ情報は下記で更新中です、今後ともよろしくお願いいたします!

https://bluecozy.amebaownd.com/pages/1645655/schedule

 

●7/28(土) <Yu-ki and 渡辺こうじ>

bar Workin'(岐阜市東金宝町1丁目18 アベニュービルB1) 

 

長良川花火大会、台風12号の直撃、暴風雨警報、・・・結果花火は中止、台風は肩透かしではあったものの触れ込みからして逆風荒れ狂う中でも来て下さったお客様には感謝というか呆れ、いや、感激しています。

台風18号なんて名の曲をセットリストに入れたからかどうか分かりませんが。

新しいビンテージ・マーチンの生音も素晴らしく歌にものびのびした自由度がぐっと増したYu-kiちゃんの身を切るような私小説や官能小説のようなオリジナル作品群もいつになく映える夜でした。

小さく少ない音で、ともすれば地味になりがちな編成ではあるものの現状に満足せずいつももっともっと上を目指す、そして少しずつでも必ず変革を見せてくれる彼女の姿勢にはこちらもいつも刺激を受け学んでいます。

良いデュオだと思いますよ、次回は9/8、アダプターにて。

初めてはもちろん、2回目以降の方にも自信を持ってお勧めできる仕上がりになると断言しておきます。

 

 

●7/30(月) <Miyolibres>

MIYO(vo)、渡辺こうじ(gt)、TAKADA(bs)

Pannonica(岐阜市神田町5-17杉山ビルB1) 

 

同じ女性ボーカルユニットでもこちらは対極的に気楽な(悪い意味ではないよ、もちろん)ライブでした。

15年以上結構な頻度でやっているのでリハなし、打ち合わせなし、会話なしでもまずはOKです。

ラテン、ブルースとノリノリで終わってアンコールには「あなたのいない世界で」。真髄だもの、問題ないよね。

 

 

最後のセッションでは素晴らしいピアニストと連弾遊びさせて頂きました、楽しかった!

 

========

さて、一週空いて次回は完全生音でお届けします。前週の記事も見てね。

●8/11(土) open19:00, start 20:00-

<渡辺こうじ solo>  ・・・老ギブソンの泪

渡辺こうじ(vo, gt)

bar Workin'(岐阜市東金宝町1丁目18 アベニュービルB1)     1000円

 

 

 

 

 

 

| 音楽 | 16:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
The Gibson

web site開設しました!

渡辺こうじ/Cozy WATANABE 

 

ライブ情報は下記で更新中です、今後ともよろしくお願いいたします!

https://bluecozy.amebaownd.com/pages/1645655/schedule

 

●8/11(土) open19:00, start 20:00-

<渡辺こうじ solo>  ・・・老ギブソンの泪

渡辺こうじ(vo, gt)

bar Workin'(岐阜市東金宝町1丁目18 アベニュービルB1)     1000円

 

The Gibson L-1 1914

あのロバート・ジョンソンが行儀よく抱えてこちらを見据えるあの写真のL-1はフラットトップ(ギターのボディが平板)ですがこれはそうなる前のアーチトップ、色っぽく膨らみがあるやつです。

大正3年、サラエボ事件で第一次世界大戦が始まり、ロシアがまだソ連の前の帝政ロシアで、ブルースが11歳の頃(あくまである一説)、このギターは産まれました。104歳。
どんな人がこれでどんな音を出したのか、何の運命で海を渡ったのか、今や知る由もなし。
それを想像するだけで弾く音も激変します。
なんてことはありませんが、心なしか選ぶ曲はちょっと変わる気がします。

 

昨今では経営破綻で一躍有名になったギブソン社。

手元にだけでも6本のギブソンがありますが、考えてみたら僕はギブソン社に1円も払ってない。ごめん。

手を広げ過ぎた周辺部門を清算して、ギター部門は存続するらしいのですがまあ頑張って欲しいですよね。

あの四つ角に、夜中に持っていき弾いていれば悪魔がやってきてチューニングしてくれるあのギターのメーカーだから。

 

伝説のビルダーが誰も知らない山にこもり、年に1本だけギターを作る。

夜中に弾けば契約書をもった悪魔がやってくるそのギターを手に入れる資格は簡単には得られない。

その資格をもったギタリストを探し、一般人に扮した悪魔の手先(営業マン)は今日も世界のライブハウスに潜んでいる。

悪魔を呼ぶには金じゃない、そう魂なのさ。

・・・なんて会社、いや組織?結社?になって欲しいものです。

 

そんなL-1ですが、長い年月を経てブリッジがぐにゃりと曲がり演奏に使用するのはちょっと辛い感じになっていました。

そして先日、ついにブリッジだけ作り直して頂き再びステージに上がる準備が整いました。

先日の試運転も首尾は上々、完全生音で8/11ソロでお届けします。

 

<補修をお願いした吉野さんのブログ>

http://deoemon.cocolog-nifty.com/blog/2018/06/post-6336.html

http://deoemon.cocolog-nifty.com/blog/2018/07/post-2aba.html

http://deoemon.cocolog-nifty.com/blog/2018/07/post-c5cc.html

 

●8/11(土) open19:00, start 20:00-

<渡辺こうじ solo>  ・・・老ギブソンの泪

渡辺こうじ(vo, gt)

bar Workin'(岐阜市東金宝町1丁目18 アベニュービルB1)     1000円

ーーーーーー
その前には同じ場所でデュオもあります。
こちらはテレキャスターでディープにいきますよ。

●7/28(土) open19:00, start 20:00-

<Yu-ki and 渡辺こうじ>

Yu-ki(vo, gt)、渡辺こうじ(vo, gt)

bar Workin'(岐阜市東金宝町1丁目18 アベニュービルB1)     1000円

| 音楽 | 19:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
三つ巴、Soy Souls

web site開設しました!

渡辺こうじ/Cozy WATANABE 

 

ライブ情報は下記で更新中です、今後ともよろしくお願いいたします!

https://bluecozy.amebaownd.com/pages/1645655/schedule

 

●7/14(土) <Yu-ki、渡辺こうじ、小島龍也>・・・三つ巴の音夜

Yu-ki(vo, gt)、渡辺こうじ(vo, gt)、小島龍也(vo, gt)

Adapter (岐阜市清住町1-10 オオノビル2F tel 050-6867-6686) 

 

ここ一年デュオでの露出もでぐっと増えたYu-kiちゃんと、もう一方の相方でもあるロッカー龍也さんと、アルバム「裏」つながり3人でのライブは半年ぶり2回目でした。

今回はそれぞれのソロを主体に少しずつ他のメンバーの演奏に絡むというこの3人ならではの面白い試み、基本的に合奏が好きな僕はそのこと自体とても楽しかったです。

他2人がアコギということもあり今回はテレキャスでの弾き語り、これも往年のマックスウェル・ストリートみたいな気分で楽しみました。

Yu-ki and Cozyとしては7/28 at Workin'、こうじソロは8/11同じくワーキンでもたっぷり楽しんで頂けます!

 

 

 

________________________________________

●7/15(日) <Soy Souls>

渡辺こうじ(vo, gt)、たおりあきふみ(gt)、おんだま(bs, hp)、仁田豊生(org)、鈴木学(ds)

Pannonica(岐阜市神田町5-17杉山ビルB1) 

 

最近少し頻度が減ったSoy Soulsは4月以来のライブでもあり今回も満員御礼はありがたい限りです。

先週の水害・浸水から必死の復活を遂げたパノニカさんでありがたく、まったりこってりブルース存分にやらせて頂きました。

 

↓即興で試したナイフ・スライド、鋭角的でめちゃめちゃ気持ちよく調子に乗ってやってたらバンドに呆れられてしまったけど笑。

 

 

 

 

=1st=
1 Messin' with the Kid
2 Helpless
3 Bone, Bone
4 Ain't Nobody's Business
5 Papa / I Feel Good
6 Shine A Light

=2nd=
1 Hold on, I'm Coming
2 Worried Life Blues 
3 Double Trouble
4 Time Waits for No One
5 Stormy Monday
6 Hallelujah

=enc=
1 Hoochie Coochie Man
2 The Weight

| 音楽 | 12:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
東京 2 days

web site開設しました!

渡辺こうじ/Cozy WATANABE 

 

ライブ情報は下記で更新中です、今後ともよろしくお願いいたします!

https://bluecozy.amebaownd.com/pages/1645655/schedule

 

●6/30(土)<渡辺こうじmeets T-Slim>

渡辺こうじ(vo, gt), T-Slim(vo, hp), じゃいあん(bs), 藤井マサユキ(ds) 

Bright Brown (東京都中野区中野5-59-9 湯澤第二ビル2F, tel 080-3024-4685)  

________________________________________

●7/1(日) <渡辺こうじmeets T-Slim>

渡辺こうじ(vo, gt), T-Slim(vo, hp), じゃいあん(bs), 藤井マサユキ(ds), マサキサカモト(key), 松井洋佑(gt) 

vs: Sweet Bitter Blues 

CATFISH TOKYO (大田区 蒲田5-30-15 下川第20ビルB103  tel 03-6424-7531)

 

先週末は東京で、場所を変えての連日2本でした。

移動など諸々あるものの演奏内容やメンバーは同じ路線なので普段に比べたらそんなに大変じゃないですよ。

1月の初演に続き2度目のライブでした。

歌も含めてしっかり自分の世界を持ち、主張も調和も程よいバランスでタッグを組めるT-Slim、決してバックバンド然とせず絶妙に剛柔おりまぜ最高のグルーヴを打ち出すじゃいあん・藤井マサユキのリズムセクション。

素晴らしいバンドに今回も最大級の賛辞と感謝を送ります。

そして東京での固定的メンバーを探すにあたってまずT-Slimに声をかけた自分を褒めてやりたいです(笑)。

そして何より、場所を提供下さる2軒のお店と連日そこを満席にして下さったお客様たちやSweet Bitter Bluesの皆さまに今回も大感謝です。

 

1日目は前回に続いて中野ブライトブラウン。

前回のリベンジ的な曲も含めて(笑)、新旧織り交ぜながらやはりもちろんブルース中心に。

このバンドなら細かいキメやギミック一切なしでも気分次第のダイナミクスも変調もひとつのうねりにできますが、そこにさらに仕掛けも散りばめて本当に楽しい演奏ができました。

 

 

減量して体重が半分(近く)になったのは誰でしょう。って2日目にいじられてましたな(笑)。

まさにsound like muddy waterです。

 

2日目はお初のお店、蒲田のCATFISH TOKYOです。

慣れた中央線沿いからそこそこ離れて不便になる方も多そうだったのでどうかと思いましたが杞憂でした。

大好物ガンボも美味い、そして音響が素晴らしく良かったです。

sweet bitter bluesのそれはそれは心地よいハーモニーに癒された前半に続き、こちらでは大学時代から旧知の鬼才ピアニスト・マサキサカモトと東京勢のいつものsound like waterのメンバーでもある松井君が加わり豪勢にいきました。

こんな楽器の多い編成で、弾き語りやデュオでしかやらないTom WaitsのTIMEなど一体どうなるのかと思いつつもぶち込んでみたのですがリハ一発目から誰も何も邪魔をせずさりとて存在感はしっかり出す感覚には感動すら覚えましたよ。

 

 

数えるほどしか会ってない仲でも阿吽の呼吸が通じ合うこと。

それは個々の技術ではなく、心と耳が開かれ理解しようとする気持ちと愛情や敬意があるから。

そのバンドが良くなるかどうかはその意味で最初からほぼ決まっているのだ。

とはここのあるメンバーの持論でした。僕もそう思います。

 

セトリ、2日目はふと天啓のように降ってきた何かによりもう一曲、前回とは全く異なるアレンジで追加されました。

心に残る演奏になりました。

ありがとう。

 

次回、また一週空きますがこんな感じです(^^)/

 

●7/14(土) open18:00, start 19:00-

<Yu-ki、渡辺こうじ、小島龍也>

Yu-ki(vo, gt)、渡辺こうじ(vo, gt)、小島龍也(vo, gt)

Adapter (岐阜市清住町1-10 オオノビル2F tel 050-6867-6686)  1500円

________________________________________

●7/15(日) open 18:30, start 19:30

<Soy Souls>

渡辺こうじ(vo, gt)、たおりあきふみ(gt)、おんだま(bs, hp)、仁田豊生(org)、鈴木学(ds)

Pannonica(岐阜市神田町5-17杉山ビルB1) 1500円

| 音楽 | 17:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |